仮性近視と近視の違い

こどもの視力回復のトレーニングを行う前に、まずはこどもの視力が落ちた原因を知る必要があります。
視力低下は近視がほとんどですが、中でもこどもの場合は仮性近視が多いです。
仮性近視と近視は同じようですが、実は大きく違う点があります。

 

近視は遠くがみづらくなるのに対して、仮性近視はピントを合わせる筋肉が緊張してしまっている状態のこと。

 

仮性近視は筋力が低下しているせいで近視のような状態になってしまっていることで、実際はまだ近視ではありません。
しかし、もちろんそのまま仮性近視の状態に気付かずにいると最終的には近視になってしまいます。
こどもの場合は、この仮性近視の子が非常に多いのが現状です。

 

こどもが仮性近視になりやすいのは、テレビゲームやスマホ、大型テレビなど昔に比べて近くでものをみることが非常に多い環境になり、そのせいで筋力が緊張し視力が一時的に低下してしまいます。
近くのものを長時間見続けないことや、長時間見続けてるなと思ったら途中で目を休めたりすることが仮性近視にならないために非常に重要なことなんですが、そうはいったってこどもが自分でテレビゲームをしながら目を休める、なんていうことができるのはまれですよね。集中してしまって余計食いついて見ているような状態がほとんどです。
だからといってそのままほおっておけば仮性近視から近視になってしまいますので、ここで本当に近視になってしまわないようにトレーニングをすることが必要なんです。

 

仮性近視から近視にならないためには

筋肉が緊張し視力が低下している仮性近視の状態になっている子どもにとっては、アイトレーニングが非常に有効です。
このような状態の時に早めにアイ・トレーニングで環境を整え視力を下げない努力をすれば近視にならずにそのまま視力をアップさせ仮性近視状態を取り除くことが可能です。
もちろんすぐに始めることが重要なのですが、それ以外にも環境に気をつける必要があります。

・1時間近くのものをみたら遠くをみるような時間をとらせる
正しい姿勢を保つようにする
・テレビゲームと顔の距離、集中しすぎてまばたきをしているかどうかチェックする

こどもはどうしてもゲームなどをし始めたら長時間やってしまい、しかも調節することができません。
親がしっかり状況を見守り、長すぎるなと思ったら一旦休憩させるように目を配る必要があります。
最初のうちはうるさく言う必要があると思いますが、習慣化してくれば自ずと自分でこどもも調整する癖がつくと思います。
そのような環境を整えてあげた上で、アイトレーニングを取り入れてみましょう。
目に気を配る習慣がつけば、アイトレーニングに取り組みやすいですし、なにより継続しやすいです。
こどもだけでなく、親も一緒に頑張る姿勢を見せて、仮性近視から近視にならないよう、トレーニングしていきましょう。