目の筋力をチェックしてみよう

視力回復トレーニングをスタートするまえに、子どもがどの筋力の低下によって視力が低下しているのか知ることができると、トレーニング用の教材選びに非常に役立ちます。
目の筋力をチェックして、現在どのような筋力が低下しているのか調べてみましょう。

 

  • @近くの物を見た後に遠くの物を見るとピントがすぐに合わない
  • A本などの文章を読むのに時間がかかる。またはよく読み間違える
  • B明るいところから暗いところに行った時に目が慣れるまでに時間がかかる


チェック項目は上の4つです。
このチェック項目で当てはまる物によってどの筋力が衰えているかがわかります。

 

@の場合

毛様体筋が低下しています。
ピントを合わせるための筋力が低下すると、近視や遠視の原因となります。
毛様体筋を鍛えることで、近視になる前に視力を戻すことができます。
子どもに最も多いタイプの筋力低下です。

 

Aの場合

外眼筋が低下している可能性が高いです。
こちらも子どもの視力低下の原因に多く、テレビゲームやスマホの使いすぎが大きな原因です。
近視や遠視、乱視になる可能性が高いです。
外眼筋は最も鍛えやすい筋力と言われていますので、このタイプはアイトレーニングで視力が回復する可能性が高いです。

 

Bの場合

虹彩筋の低下が疑われます。
これは老化によるものが多いため、子どもの視力低下原因では最も少ないです。
暗いところに行った時になかなか目が慣れないという状況がこの筋力の低下によるものですが、子どもがこのような症状を訴えた場合は、まずは病気を疑ってみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?
筋力チェックをすることで、どの筋肉が衰えているか、そしてどういった筋力を鍛えることで視力が回復するかわかりやすくなると思います。
状況と原因を知ることで、トレーニング教材を選ぶ時の参考になりますし、またアイトレーニングで視力を回復した後にまた同じ状況に戻らないためにも原因をしっかり把握しておくことは大切です。
まずは、子どもの生活習慣を確認し、どこに原因があるか調べてみましょう。